タニタ食堂

ビジネスの中心地、丸の内から日本を元気にしていきたいという思いから2012年に丸の内タニタ食堂がオープンしました。毎日のヘルシーなお食事、体組成計の計測、健康情報を発信していくイベントを通して食の健康を再認識していただくことができます。

 

concept

レシピ本「体脂肪計タニタの社員食堂」の発売から2年。
「社員以外でも食べられる場所を提供してほしい」という声にお応えして、
東京・丸の内に「丸の内タニタ食堂」がオープンしました。
本食堂では、タニタ社員食堂のコンセプトを忠実に再現したメニューを、
日替わり・週替わりで提供します。
さらに、業務用体組成計を備えたカウンセリングルームでは、
管理栄養士から無料でアドバイスを受けることができます。
健康な体重維持には、食事、運動、休養のバランスの良いサイクルが重要。
「丸の内タニタ食堂」を、ぜひ皆さんの健康維持にお役立てください。

txt_02

special

こだわり1

野菜をたっぷり使う

厚生労働省が示している1日の野菜摂取量の目標は350gです。
タニタ食堂は1定食に付き約200グラム前後の野菜を使用していますので、日頃の野菜不足を補えます。

こだわり2

噛みごたえを残した調理をする

自然に咀嚼回数が増えるよう、野菜を大きめにカットし、火を通しすぎない調理をすることで、噛みごたえのある硬さにしています。脳が満腹と感じる時間の目安、20分間よく噛んでいただくことで満腹感が得られます。

こだわり3

味付けにこだわる

出汁の味や素材そのものの「おいしさ」を感じていただくため、旬のおいしい食材を使い、薄めの味付けにしています。塩分量は1食約3gです。

こだわり4

盛り付けにこだわる

野菜をたくさんつかうことで見た目の満足感もアップし、色どりや季節感を感じながら目で見ることでも満腹につながります。

こだわり5

ご飯は1膳100gを目安に

タニタ食堂のおすすめする、ご飯の量は「100g(約160kcal)」です。
意識的に少しご飯を減らし、その分野菜を多めに摂っていただくことで満腹感をキープすることができます。

special

タニタ食堂各店舗では、タニタ社員食堂のメニューだけでなく食事のとり方も再現しているため、セルフサービスとなっております。
ご利用の流れについてご説明いたします。

席を確保し、食券を買う

タニタ食堂に来店されましたら、まずはお席を確保いただきます。
それから券売機で食券を購入してください。

丸の内タニタ食堂では日替わりメニューと週替わりメニューをお選びいただけます。

また、タニタおすすめの商品なども券売機で販売しておりますので是非ご利用ください。

 

STEP2

ごはんをよそいましょう!

食券を購入したらごはんをよそいます。
タニタ食堂のお茶碗には内側に線が引いてあり、下の線では100g(約160kcal)、上の線では150g(240kcal)のごはんをよそうことができます。

ごはんを50g減らすと80kcalのカロリーを減らすことができます。
その日の体調や、近々の食事の摂取量をふまえて調整してみてくださいね。

STEP3

料理を取りに行こう!

次はトレーをもって料理を取りに行きます。
主菜、副菜、汁ものをとります。
日替わり、週替わりでも副菜、汁ものは同じです。

あとはお箸とお手拭き、お茶をとって席に向かいましょう。

 

STEP4

席についてご飯を食べよう!

席に着いたらお食事を召し上がってください。

タニタ食堂ではよく噛んで、ゆっくり食べることを推奨しています。
お席にはタイマーが置いてありますので、20分にセットして、ゆっくり召し上がってみてください。

STEP5

食事を片付けよう!

食事が終わりましたら食器を片づけます。
タニタ食堂では食器の片づけもセルフサービスとなっております。
お手数ですが返却口まで食器をお持ちください。

ご利用ありがとうございました。
またのご来店をお待ちしております。


店舗名
営業時間
ランチ 午前11:00-午後3:00 ティー 午後 2:00-午後4:00 計測サービス 午前11:00~15:00
定休日
食事の時間
ランチ
住所
    おすすめポイント
    • 毎週水曜日は、金芽米ごはんに雑穀(十六穀)をプラス。雑穀米の提供を開始いたします。
  • 所在地
  • 東京都千代田区丸の内3-1-1
  • 丸の内国際ビルヂング地下1階
  • アクセス
  • 地下鉄有楽町駅からは「D1」出口、
  • 地下鉄日比谷駅からは「B4」出口から直結
  • で国際ビルヂングに入れます。
  • タニタ食堂

    By on 2014年5月1日

    コメントを残す