鰯(イワシ)の梅シソ挟み焼き

67c1357b6e1d53d9d6f203145fcf7536

材料

鰯(1尾60g×2尾/人)旬

60.0 g

120 g/

0.3 g

0.3 g/

梅干

4.0 g

1/2個 (5.3 g)/

大葉旬

1.0 g

2枚 (1.0 g)

1鰯の頭と内臓は包丁で切り取り洗う。 手開きし、中骨は尾から頭に向って抑えながら静かに外し取る。 腹の小骨は削ぎ切りにする
21の鰯に軽く塩を振り10分程放置、出た水分は拭き取る。
3大葉は洗って水分を拭き取る。 梅は種を取り包丁で叩き、この梅肉を大葉に塗り二つ折りに挟む。
4鰯に3の“梅シソ“を挟め、グリルで普通に焼く。
塩分
0.8g
カロリー
134kcal
タンパク質
12.0g
脂質
8.4g
炭水化物
1.3g
コレステロール
39mg
食物繊維
0.2g
インスリン単位
2
ポイント
  • 梅雨の頃の真鰯は「入梅鰯」と呼ばれ、最も脂が乗って美味しいといわれます。青じそと梅干しを挟んでさっぱりと頂きましょう。
67c1357b6e1d53d9d6f203145fcf7536

鰯(イワシ)の梅シソ挟み焼き

By on 2014年9月8日

コメントを残す