花粉症対策のステロイド剤には糖尿病や胃潰瘍のリスクあり|ニフティ … – ニフティニュース

By in ニュース on 2018年2月15日

ニフティニュース

花粉症対策のステロイド剤には糖尿病や胃潰瘍のリスクあり|ニフティ ...
ニフティニュース
花粉症で処方される抗ヒスタミン剤は、鼻水や皮膚の赤み、かゆみなどの症状を抑える。だが、代官山パークサイドクリニック院長の岡宮裕医師はこう指摘する。「抗ヒスタミン剤は、眠気を生じさせたり、頭痛、乾燥が…
花粉症対策のステロイド剤には糖尿病や胃潰瘍のリスクありBIGLOBEニュース

all 1 news articles »

コメントを残す