メタボ・糖尿病予防に光 脂肪細胞内にインスリン影響分子 神戸薬科大 – 産経ニュース

By in ニュース on 2018年1月30日

日刊工業新聞

メタボ・糖尿病予防に光 脂肪細胞内にインスリン影響分子 神戸薬科大
産経ニュース
神戸薬科大は29日、哺乳類の脂肪細胞内にあるタンパク質「Fam13a」が、血糖値を下げるインスリンの正常な作用を助ける働きがあることを解明したと発表した。Fam13aが減少すると、インスリンの作用が弱まり、メタボリック症候群や糖尿病を発症しやすくなるという。 研究成果は30日(米国時間29日)以降、米国科学アカデミー紀 ...
遺伝子特定 メタボや糖尿病予防期待 神戸薬科大毎日新聞
糖尿病やメタボ予防−神戸薬科大、新規分子を発見日刊工業新聞
メタボ予防に光 インスリン調節する遺伝子解明神戸新聞

all 12 news articles »

コメントを残す