糖尿病と脳内の神経変性には、アルツハイマー病から独立した関連性あり、との研究報告 – 認知症ねっと

By in ニュース on 2015年10月18日

認知症ねっと

糖尿病と脳内の神経変性には、アルツハイマー病から独立した関連性あり、との研究報告
認知症ねっと
被験者のうち、124人は糖尿病を患っていた。参加者の脊髄液中のベータアミロイド(プラークの粘着性の蓄積)とタウタンパク質の変性による疾患などを調査。その結果糖尿病患者は、認知機能の低下があるなしに関わらず、タウタンパク質のレベルが16pg/mLと高いことが ...

コメントを残す