熊本大、2型糖尿病・メタボ患者への微弱電流と温熱刺激の併用治療の有用性を実証 – 日刊工業新聞

By in ニュース on 2014年11月25日

熊本大、2型糖尿病・メタボ患者への微弱電流と温熱刺激の併用治療の有用性を実証
日刊工業新聞
熊本大学の荒木栄一教授、近藤龍也助教、甲斐広文教授らの研究チームは、メタボリック症候群と肥満2型糖尿病の患者計80人に対して微弱電流と温熱刺激の併用による治療を施し、効果の有用性を証明した。約3カ月間の処置で対象者の内臓脂肪や空腹時の血糖値を10% ...

コメントを残す