グンゼ・京大が人工皮膚 – 日本経済新聞

By in ニュース on 2018年4月17日

読売新聞

グンゼ・京大が人工皮膚
日本経済新聞
グンゼと京都大学は16日、糖尿病で生じる皮膚の潰瘍などの回復を早める人工皮膚を開発し、国の製造・販売承認を取得したと発表した。スポンジ状のコラーゲンにゼラチンを混ぜた製品で、皮膚の再生を促すたんぱく質と組み合わせて効果を高めた。従来より治りが2~3倍早いといい、グンゼは新製品を夏以降に順次発 ...
貼って再生、人工皮膚承認 京大、糖尿病の壊死に有効京都新聞
新規の人工皮膚、グンゼと開発 治療効果高く毎日新聞
京大が新開発の人工皮膚「ペルナック Gプラス」、国が製造承認 難治性潰瘍治療に有効SankeiBiz

all 15 news articles »

コメントを残す