貼って再生、人工皮膚承認 京大、糖尿病の壊死に有効 – 京都新聞

By in ニュース on 2018年4月17日

京都新聞

貼って再生、人工皮膚承認 京大、糖尿病の壊死に有効
京都新聞
京都大は16日、糖尿病で壊死(えし)した皮膚の再生に有効な機能性人工皮膚の製造が10日に承認されたと発表した。傷口に貼ると周囲の組織の治癒を促す機能があるといい、来年1月の本格販売を目指す。 京大医学部非常勤講師でもある森本尚樹関西医科大准教授らの研究グループと繊維メーカー「グンゼ ...
グンゼ・京大が人工皮膚日本経済新聞
新規の人工皮膚、グンゼと開発 治療効果高く毎日新聞

all 15 news articles »

コメントを残す