インスリン依存型糖尿病(1型糖尿病)の検査

尿を試験紙につけてみる検尿検査で、糖の部分が陽性になると、糖尿病が疑われます。血液検査で、高い血糖値(200mg/dl以上)、血液中で酸素を運ぶヘモグロブリン(Hb)の1つであるHbA1c、血液中のタンパク質であるアルブミンの1つであるグルコアルブミンの値が高くなります。

免疫の異常でもあるインスリン依存型糖尿病(1型糖尿病)では、自分を攻撃する抗体が血液中に出ています。膵臓の内のβ細胞を含むラ氏島細胞抗体、抗グルタミン酸脱炭酸酵素抗体(GAD抗体)が陽性になります。子供のインスリン依存型糖尿病(1型糖尿病)では、これらの抗体は、約80%、GAD抗体60~70%で陽性になります。

糖尿病の症状が無い場合には、実際に糖分を摂取し、血液中の糖を測定する経口ブドウ糖負荷試験を行うことがあります。

コメントを残す