インスリン依存型糖尿病(1型糖尿病)の原因

遺伝子の要因とウイルス感染などをきっかけに免疫細胞が活発になり、膵臓のインスリンを産生するβ細胞が破壊され、インスリンが不足します。
遺伝子の要因では、家族内での発症が見られて、特定の遺伝子の人にインスリン依存型糖尿病(1型糖尿病)になる危険が高いと言われています。

日本では、年間発症率は10万人中1.17人です。発症時期は様々ですが、幼児から学童に多いです。

次のページでインスリン依存型糖尿病(1型糖尿病)の検査と治療について説明します。

コメントを残す