1型糖尿病について

糖尿病は、血液中のブドウ糖という糖分が高い状態になり、尿にも糖分がでてしまう病気です。糖尿病には子どもに多いインスリン依存型糖尿病と大人に多いインスリン非依存型糖尿病があります。ここで重要なのは、インスリンです。
インスリンは、膵臓の中のβ細胞から出てくるホルモンで、血液中の糖分を下げる作用があります。

■インスリン依存型糖尿病(1型糖尿病)
感染症などの様々な原因で膵臓のインスリンを出す細胞が破壊されてしまい、インスリンが出なくなる病気です。インスリンが足りないので、血液中の糖分が高くなってしまいます。このタイプは子どもに多く、大人では少ないです。肥満とは関係がありません。
自己免疫性(Type 1A)と非自己免疫性(Type 1B)に分類され、さらに、非自己免疫性(Type 1B)は、劇症型と慢性型に分類されています。

■インスリン非依存型糖尿病(2型糖尿病)
肥満などで、血液中の糖分が高い状態が続くと、インスリンが過度に出ていて負担がかかり、インスリンが不足していまう場合と筋肉や肝臓で糖分をうまく取り込みことができなくなり、血液中の糖分が高くなってしまいます。糖分を取り過ぎている期間が長いとなりやすいので、大人に多いのが特徴です。日本の糖尿病の95%を占めます。ただし、最近、小中学生でのインスリン非依存型糖尿病(2型糖尿病)が問題になっています。カロリーオーバーと運動不足により、この糖尿病になりやすいです。治療は、血糖を下げる薬、インスリン、食事療法、運動療法になります。

コメントを残す