■糖尿病の合併症

糖尿病には三大合併症とされる、
網膜症(目の病気:運が悪いと失明もある:ちなみに成人の失明の原因のトップが糖尿病性網膜症)
糖尿病性神経症
尿病性腎症(腎不全になり透析になる:ちなみにこちらも透析導入の原因のトップが糖尿病性腎症)があります。

また、上記のような細く小さい血管以外にも心筋梗塞や脳梗塞や足のASOなどの動脈硬化の進展因子としても糖尿病は悪さをします。
また、合併症というより糖尿病の1病態ですが、低血糖による意識障害以外に、高血糖による意識障害もおこることがあります。
これは糖尿病の方が風邪・発熱・アルコール多飲・下痢・外傷・手術・火傷などのため高血糖が助長され、高血糖による脱水や体内pHの変化によりおこる意識障害をさし、意識混濁・半分寝ているような意識状態・場合によって完全に昏睡の状態(糖尿病性昏睡)がおこることがあります。
この糖尿病性昏睡には、脂肪分解を抑制するのに十分なインスリンが残っているかどうかにより、遊離脂肪酸から生じるケトン体が生じる糖尿病性ケトアシドーシスとケトン体が生じない非ケトン性高浸透圧性昏睡があります。

コメントを残す