アメリカ日記

By in 1型糖尿病日記 on 2015年5月8日

IMG_1115

久しぶりに投稿しています。

アメリカに3週間いました。

ニューヨーク、ロサンゼルス、オーランド、

とても充実していました。

でも、ジャンクフード中心の生活をしてしまいまして血糖値上昇の毎日でした。

これから、大変になるのを覚悟で食べてしまいました。

でも、幸せだったです 笑

で、アメリカの糖尿用少し調べてみました。

アメリカの総人口3.14億人の9.3%にあたる2,910万人の糖尿病患者がいるとのことです。

年代別の内訳では、20歳~44歳430万人45歳~64歳1,340万人65歳以上1,120万人が糖尿病です。

男女では、男性1,550万人女性1,340万人が糖尿病です。

人種では、白人7.6%アジア系9.0%ヒスパニック系12.8%黒人13.2%となりました。

世界では、、、、、

国際糖尿病連合(IDF)は、11月14日の世界糖尿病デーに合わせて、世界の糖尿病に関する最新の調査をまとめた「糖尿病アトラス 第6版 2014 UPDATE」を発表した。

世界の糖尿病人口は爆発的に増え続けており、2014年現在で糖尿病有病者数は3億8,670万人(有病率 8.3%)に上る。有効な対策を施さないと、2035年までに5億9,190万に増加すると予測している。

国際糖尿病連合(IDF)の発表によると、2014年現在の世界の糖尿病有病数は3億8,670万人に上る。20~79歳の成人の有病率は8.3%で、12人に1人が糖尿病有病者と推定されている。

糖尿病有病数は1億3,780万人(成人人口の8.5%)で、全世界の36%がこの地域に集中しており、2035年までに2億180万人に増加すると予測されている。中国とインドネシア、日本の3国が世界ランキングの上位10位に名を連ねている。

世界ランキングでは第1位中国(9,629万人)、第2位インド(6,685万人)、第3位米国(2,578万人)となり、上位3ヵ国の順位は昨年と同 じだ。日本の現在の成人糖尿病人口は721万人で、昨年の720万人から微増し、ランキングでは昨年と同じ10位となった。

また、糖尿病を発症している可能性が高いにも関わらず、検査を受けて糖尿病と診断されていない人の数は全世界で1億7,900万人に上る。

すいごいですねーー

海外の糖尿病サイトもありますのでよかったらのぞいてください。

1型糖尿病の僕が調べたニュースに海外ニュース 海外の1型糖尿病の情報サイトです トランスレート(翻訳)機能が設置してありますので日本語でもお読み頂けます。 http://country.diabetes-mellitus.asia/ 

bana_type_1

IMG_1316

 

 

コメントを残す